読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥を記す

はじめまして。さいたま市とその周辺で、野鳥を中心とした自然観察を楽しんでいます。おもに鳥についてのブログになると思いますが、鳥の写真はありません。風景と植物だけです。

バトルの秋 その2

 

  ハクセキレイはもともと気が強いのか、季節に関わらず、しょっちゅう他の鳥を攻撃しているのを見る。体のずっと大きいコアジサシも、攻撃しまくって追い散らす。コアジサシだってけっこう怖い鳥で、その繁殖地にみだりに踏み込むと、人間も恐れずに突っかかって来るのに。そのハクセキレイが、秋には同種同士でよくケンカしている。

 彼等はこの季節になると、澄んだきれいな声で鳴く。さえずり、というよりは、ぐぜり、という感じの鳴き方である。ケンカのときにもこの声を出す。美しい声で鳴きながら、2羽が飛びあがり、翼のパンチとキックの応酬を始める。やがて、一羽が一方的にもう一羽を追い回して決着がつく。追い回すだけのことも多い。

 ハクセキレイはペアの形成が早く、冬のうちから雄雌2羽で行動していたりする。この時季から、雄の間で雌の争奪戦が始まっているのかもしれない。しかし、争う相手は雄同士とは限らないのである。雌同士もあるし、雄が雌を追い散らしていることもある。雌を相手にしたケンカの目的は何なのだろう? 雌と思っているのは実は若鳥で、「子別れ」かもしれない。よし、そのへんを今日はちゃんと確認しよう…という時に限って、ハクセキレイに一羽も会えない。