読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥を記す

はじめまして。さいたま市とその周辺で、野鳥を中心とした自然観察を楽しんでいます。おもに鳥についてのブログになると思いますが、鳥の写真はありません。風景と植物だけです。

ホオジロは かく語りき

  小学生とその親を対象にした探鳥会での出来事。リーダーが「ホオジロは“一筆啓上仕り候”とさえずります」と言ったら、子供たちは皆、きょとんとしていたという。そりゃ、そうだ。自分ではまず使わない言葉である。テレビの時代劇も“絶滅危惧種”的存在だから、耳から入ってくる機会もない。彼らの親だって、分からないかもしれない。

   

   ビギナーだった頃、ホオジロのさえずりがよく分からなかった。「一筆啓上…」の意味はわかっても、さえずりがそのように聞こえない。「いくら聞いてもイッピツケイジョウ…とは聞こえません」と、ある探鳥会でリーダーに言ってみた。リーダーは50代半ばぐらいの男性だった。彼が言うには「普段使わない言葉だからだよ。今度鳴いたら、“エッチなおじさん、あっち行け”と聞いてごらん」

    …実に的確なアドバイスだった。ホオジロが、たしかに、そう言っていた。これでホオジロのさえずりが記憶にインプットされたらしい。早春に、半年ぶりにその声を聞いても悩まなくなった。様々なバリエーションがあることも、わかってきた。…誤解しないでいただきたいが、私はけして「エッチなおじさん」という言葉を頻繁に使っているわけではない。「一筆啓上…」よりも身近な言葉だったので、耳にスッと入ってきただけのことだと思われる。 

 

 その後、ホオジロの聞きなしの現代バージョンとして「サッポロラーメン、ミソラーメン」が広がってきた。『フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂新版』(公益財団法人 日本野鳥の会)にも「一筆啓上」と並んで掲載されている。小学生に教えるには、これが妥当であろう。

 

 ところで、これらの聞きなしには共通点がある。「イッピツ」「エッチな」「サッポロ」…すべて出だしが「ッ」(促音便)である。つまり、ホオジロのさえずりの特徴は「Xッ」という強い歌い出し。それに続く部分は複雑で、言葉には置きかえられない。歌い出しの特徴から促音便が含まれる言葉を連想し、後半はその言葉に合わせて適当に作る。ホオジロの聞きなしは、こうして出来たのかもしれない。