鳥を記す

はじめまして。さいたま市とその周辺で、野鳥を中心とした自然観察を楽しんでいます。おもに鳥についてのブログになると思いますが、鳥の写真はありません。風景と植物だけです。

もしかしたら…

   数年前、さいたま市に引っ越してきたばかりの頃です。季節は早春。歩いていける範囲に鳥見に良い場所はないかと、近所をうろついていました。そして、家から徒歩10分ほどで行ける小さな緑地を見つけました。おなじみのカラ類にシロハラやらシメやら、けっこう鳥がいます。それらの小鳥類を見ていると、いきなり高らかに「キッキッキッキッ!」 うわっ! オオタカだ! 猛禽だよ! 希少種だよ(今のところ)! さらに、その声に答えるように「ピャー」という声。 以前、他県でオオタカの営巣調査をしたことがあるので、これらの声には聞きおぼえがありました。この鳴き合いは♂と♀。この季節に鳴き合うということは…心がときめきました。自宅の近所でオオタカの営巣! 友人が自宅マンションの屋上に居着いたハヤブサを「マイ・ハヤブサ」と呼んでいましたが、これは「マイ・オオタカ」。マイ・オオタカのいる暮らし…いいなぁ…

 いろいろ妄想を膨らませている間も、♂♀の鳴き合いは続いていました。それも比較的近くで…あれ?なんか変だな? あまりにも近いぞ…近すぎる、ていうか、すぐそこの草むらから聞こえてくるけど…オオタカって、地面に降りて鳴き合うかな? ケガでもしていて飛べないのかな? だったら何とかしなくては…何しろ希少種(今のところ)だし…いろいろ考えつつ一歩足を踏み出したところ…

 「ジャァ」「ジェー」とダミ声を上げて、草むらから飛び出した2,3羽。 カケスでした。オオタカの♂♀の鳴き合いをまねしていたのです。そのフワフワとした飛び方が「ドヤ顔」ならぬ「ドヤ飛び」というか…思いっきりバカにされた気がしました。

何が「マイ・オオタカのいる暮らし」だ!バッカみたい!!あ~恥ずかしい、あ~悔しいっっっ!!!

 私のように、カケスの物まねにだまされた経験のあるバードウォッチャーも多いのではないでしょうか。奴らは物まねがうまいだけではありません。シチュエーションまで考えているようなのです。…つまり、その時季・その場所にいても不自然ではない鳥のまねをするのです。実に巧妙な手口です。「だまされる方が悪い」「自分だけは大丈夫」などと思ってはいけません。十分、注意しましょう。

  ところで最近、オオタカが増えたから「国内希少野生動物種」の指定を解除しようという話が進んでいるようです。オオタカが増えたという根拠の一つは、その情報が増えたからだと思いますが、その中には、声を聞いたという情報もあるのではないでしょうか? それらの情報の中には、もしかしたら…

広告を非表示にする